SanHe万里の長城輸出入貿易株式会社。

8年の製造経験

ポリ塩化ビニル(PVC)とは何ですか?また、その用途は何ですか?

ポリ塩化ビニル(PVC)は、世界で最も一般的に使用されている熱可塑性ポリマーの1つです(PETやPPなどのより広く使用されているプラ​​スチックに次ぐ)。それは自然に白く、非常に脆い(可塑剤を加える前の)プラスチックです。PVCは、1872年に最初に合成され、1920年代にBF GoodrichCompanyによって商業的に製造されたほとんどのプラスチックよりも長い間使用されてきました。比較すると、他の多くの一般的なプラスチックが最初に合成され、1940年代と1950年代にのみ商業的に実行可能になりました。建設業界で最も一般的に使用されていますが、看板、ヘルスケアアプリケーション、および衣類の繊維としても使用されています。

PVCは、2つの一般的な形式で製造されます。1つは硬質または非可塑化ポリマー(RPVCまたはuPVC)として、もう1つは軟質プラスチックとして製造されます。柔軟な可塑化または通常のPVCは、フタル酸エステル(フタル酸ジイソノニルやDINPなど)などの可塑剤を添加しているため、uPVCよりも柔らかく、曲げやすくなっています。フレキシブルPVCは、一般に、電線の断熱材として、または家庭、病院、学校、および無菌環境が優先されるその他の領域の床材として、場合によってはゴムの代わりとして建設に使用されます。

硬質PVCは、米国では一般に「ビニール」という用語で呼ばれる配管やサイディングのパイプとして建設にも使用されます。PVCパイプは、「スケジュール」(スケジュール40やスケジュール80など)で呼ばれることがよくあります。スケジュール間の主な違いには、壁の厚さ、圧力定格、色などがあります。
PVCプラスチックの最も重要な特性には、比較的低価格、環境劣化(および化学薬品やアルカリ)に対する耐性、高硬度、硬質PVCの場合のプラスチックの優れた引張強度などがあります。広く入手可能で、一般的に使用されており、簡単にリサイクルできます(樹脂識別コード「3」で分類)。


投稿時間:2021年2月2日